【中山道ウォーキング】落合宿→馬籠宿編!

京都と江戸を結んだ中山道。
今回のサブテーマはお隣馬籠宿の存在感凄いけど実はここも凄いぞ落合宿!編です。

落合宿スタート

常夜灯の先に落合宿も中津川や馬籠の宿場町と同じように桝形があります。
枡形については「城びと」のサイトにて。
https://shirobito.jp/article/680

落合橋と川

中山道は「中山道六十九次」と呼ばれる歌川広重による浮世絵の題材になっています。
落合宿の中ではこの落合橋辺りからがそのスポット。
「夜明け前」で描かれた「橋が流され旅人が足止めをくらった」話がリアルにあった地点です。

石畳!石畳!石畳!

落合宿といえば、この石畳です。
約900メートル!
当時のままのなのはこの中の3ヶ所、約70メートルほど。
残りは昭和後期に敷かれたものとはいえ、今はもうパッと見分からないくらい同化しています。

この石畳は雨水の排水も兼ねていたようで、脇には水路も流れています。
因みに当時のままの石畳が残るのは箱根とこの落合宿のみ!
実は日本でトップクラスに貴重な遺構がここにあるのです。

石畳までバスや車でのアクセスも可!

バスは中津川駅からの直行便はありませんが、落合川駅からは巡回バスが出ています。
詳しくは以下のコミュニティバス時刻表にて。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/archive/wiki_files/5/59/Teiju_bus_otiai_maptime_1.pdf
石畳の前後は「山中」「石畳下」になります。

中山道ウォーキングはちょこちょこルート上にバス停があるので「長距離歩くのはちょっと…」という方も下調べさえしてしまえば選択肢がグッと広がります。

一里塚跡

石畳を抜けて少し歩くと見えてくる一里塚跡。
ここには案内板やトイレ、休憩所もあるのでちょっと一息つきましょう。

MEMO
※ここからは日陰がほぼ無くなるため、夏場は特に注意が必要です

馬籠宿到着!

そして石畳から約40分(やっぱり個人差あります)。
\馬籠宿到着です/

夜明け前を読むとサラッと馬籠から落合宿、中津川宿を行き来するシーンがありますが車や電車が当たり前になった今からするとかなり大変です。

しかし、それでも当時と同じ往来を自分の足で感じるのはなかなか味があり、ブラタモリ的楽しみ方をしたい方にもオススメです。

中山道 落合宿→馬籠ルート

https://goo.gl/maps/P84PZ6yqTCaWL358A